EXHIBITION, NEWS

Exhibition|衣服と身体のあいだで

衣服と身体のあいだでDM

ニュイ・ブランシュ KYOTO 2015 ~パリ白夜祭への架け橋~
展覧会「衣服と身体のあいだで Between Clothing and Body」

「ニュイ・ブランシュ(白夜祭)」は、パリ市が毎秋行う一夜限りの現代アートの祭典です。
パリの姉妹都市・京都では、今年も日仏の現代アートを無料で楽しめる「ニュイ・ブランシュ KYOTO」を市内各所で開催。
パフォーマンスや展示、プロジェクション・マッピングなど、多彩なプログラムで開催5周年を祝います。
昨年の「現代アート×伝統工芸」をDNAとして、今年のニュイ・ブランシュがテーマとするのは「ファッション」。
日本とフランスで活躍するアーティストが、「日仏イノベーション年」の幕開けを華やかに飾ります。
思いがけない発見が待っている、現代アートのプロムナード!

会期|2015年10月3日(土)〜11日(日)
時間|13:00〜20:00、※ 10/3のみ22:00まで、10/11は17:00まで
会場|ART ZONE
企画|京都市 & アンスティチュ・フランセ関西(旧 関西日仏学館)with ART ZONE
入場料|入場無料
出品作家|塩見友梨奈、深谷莉沙、寺本愛

▶︎アウトライン OUTLINE
服はその支持体となる身体なくして成立しません。逆もまた然りで、身体を衣服と切り離して考えることもできません。それは、私たちが着衣の状態を基本とする社会的存在であること、そして身体が衣服をはじめ様々なものとの関係性によって構築されていることに起因します。本展では、3人の若手作家たち──造形作家の塩見友梨奈、イラストレーターの寺本愛、映像作家・パフォーマーの深谷莉沙──の実践を通じて、衣服と身体の関係性を再考します。

Clothing lies at the foundation of body. In the same way, one cannot consider a body in isolation of clothing. That is because human beings are essentially social existence that is to be dressed, and because a human body is constructed in relation to different things including clothing. Through practices of 3 artists—Yurina SHIOMI, Ai TERAMOTO and Lisa FUKAYA—, we reconsider the relation between clothing and body.

▶︎クレジット CREDIT
主催: 京都市、アンスティチュ・フランセ関西(旧関西日仏学館)
共催: 京都国際マンガミュージアム、京都芸術センター、京都市立芸術大学、京都市交通局、ヴィラ九条山
特別後援: 在日フランス大使館
後援: 外務省、パリ市、在京都フランス総領事館
助成: アンスティチュ・フランセパリ本部
協賛: 東洋アルミニウム株式会社/株式会社エスディーヴィージャパン/公益財団法人稲盛財団/ヴランケンポメリージャパン株式会社
協力: KYOTO CMEX 実行委員会/全日本空輸株式会社/株式会社竹尾/ハイアットリージェンシー京都/REALKYOTO/NPO法人エナジーフィールド/maki izumikawa office
アドバイザー:蘆田裕史(京都精華大学)、石関亮(京都服飾文化研究財団)、成実弘至(京都女子大学)